スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2016.09.16 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

後編・エクセルの「行」と「列」を押さえて負の連鎖を断ち切る方法

 

 


こんにちは、イノウエです!

前回
「前編・エクセルの「行」と「列」を押さえて負の連鎖を断ち切る方法」
という記事を書きました。


これは主に「行」と「列」についての記事でした。


→ 前編・エクセルの「行」と「列」を押さえて負の連鎖を断ち切る方法


そして今回はExcelの残念ポイント第2弾 -後編-です。

後編である今回は
「数字とアルファベットの合体版」について
お話していきます。





「数字とアルファベットだけの羅列がわかりにくい」



前編の最後に

A1

という数字+アルファベットの合体版について触れました。


前編を読んだことのある方ならピンときているはず。




前編で”行”と”列”をおさえました。

そのことを踏まえると、
この合体は「何と何の組み合わせ」なのか?




そうですね。


この合体は「列+行の組み合わせ」になります。


この組み合わせでわかるのは
そのセルのある場所」なんです!



Excelの画面上一つ一つのマス目が
「セル」と言われていることは確認済みです。



実はセルには、
それぞれ所在がわかるものが
個別に割り振られてます。


ある意味
私たちでいうところの住所のようなもので、
先ほどの合体が
個別に割り振られたセルの所在」になります。



Excel用語でいうと「セル番地」です。

セル番地はこんな形で表示されています。

コレです↓

セル番地

※クリックで拡大して見れます




もう一度先ほどの合体を見てみましょう。


A1


これは
「A列にある1行目にあるセル」という
1つのセルの所在を表しています。


行列・セルという
バラバラの状態ではわかっていても、
このように合体すると一気にわかりにくくなります。


理解するまで
「わかりにくいなぁ」と思われるのが
残念なポイントです。。


この「列+行の組み合わせ」がわかると
Excelで苦労することはぐっと減ります。



セルの中に入っている計算式もこれでわかります。



アルファベットと数字の組み合わせによる
「セル番地」はExcelで頻繁に見る表示なので、
「行」「列」といっしょに押さえておくと
負の連鎖を断ち切れますよ!

 

 

 


スポンサーサイト

  • 2016.09.16 Friday
  • -
  • 12:02
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

 

最近の記事

人気の記事

カテゴリー

ブログ内検索

カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
ブログパーツUL5

facebook

ご紹介

アーカイブ

最近のコメント

リンク

プロフィール

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

ぱるロゴ